FC2ブログ

反断捨離

メダカブーム終焉

コロナ禍で始まったメダカブームが遂に終わりました。といっても個人的なマイブームにおける終焉であり、世間ではまだ続いているのかもしれません。いくら神々しい名を与えたところで、所詮3cm程度の小魚の色柄の違いで何万円もする価格は異常であり、無理な交配を続けることにより生態も可哀想。この大きな樽には背曲がりや色柄が今一つのメダカを投入していますが、メダカは上から眺めれば背曲がりもヒレの長さもどうでもよく、...

メダカやめました

これまでも地震で何度か危うかった屋内水槽ですが、昨今大きな地震が続き、いよいよその日が来てもおかしくないと感じ始めたため、思い切って撤去しました。これまでの揺れから考察すると、震度5強で水が溢れ、震度6以上では間違いなく出窓から落ちる状況であったため、撤去は正解だったと思います。今年でメダカ飼育も3シーズン目になるのですが、ある程度達観したので規模を半減させました。オーロラだサファイアだと、品種改良...

鬼赤カエル

鬼赤カエルというメダカ。うなとろファームさんで昨年11月にペアで購入したメダカですが、無事越冬したのち今シーズン沢山卵を産んでくれました。毎日のように沢山産んでくれたのですが、産み始めた時期が遅く産卵期間も短かったので、それほど盛大には増えませんでした。稚魚も含めると概ね10匹~15匹といったところですが、無事越冬出来れば来シーズンはかなり増えてくれる事でしょう。赤いメダカは映えるので楊貴妃も4匹育てて...

メダカの大量死

物置上に設けた天空水槽はスイレン鉢と同様、ほぼ放置状態にしています。何故ならば都度脚立を立てなければならないという非常に面倒な作業が伴うから。水替えはほぼ行わず、定期的に足し水として水道水をそのまま送り、餌やりは週に2、3回。煌の稚魚20匹ほどを1ヶ月ほど前に放ち、この日初めて浮草類を除去して生存状況を確認。水質は良好でしたが稚魚なので水底に溜まった汚れはポンプで排出し、4分の1ほどの水替えを念のため行...

アクアリウムと水道代

昨年のGWからアクアリウムに嵌り、本格的にメダカ飼育を始めたのが夏頃なのでちょうど一年が経過しました。メダカ沼にどっぷり浸かり、水連鉢5個、トロ箱2個、中小水槽25個、屋内小型水槽2個になり、単純に水量合計では700L。浴槽2杯分ですね。睡蓮鉢とトロ箱は水足しのみですが他は2週間程度で水替えを行っているため、ほぼ毎日水道を景気よく使用しています。さぞ水道料金が跳ね上がっている事だろうと過去3年間の水道料金を比較...