FC2ブログ

城端別院 善徳寺

3F1A6067.jpg

五箇山に向かう途中、一瞬脇道に見えた仏閣があまりに凄かったので思わずUターンして引き返してしまいました。


3F1A6001.jpg

城端別院 善徳寺


予備知識無く偶然見つけてしまいましたが由緒正しきお寺の様です。以下HPより引用させていただきます。


本堂は宝暦9(1759)年に上棟し再建され、約250年間1 度も火災で焼失することなく現存しております。再建当初は資金が不足し細部まで仕上ることが出来ず無念の未完成となりましたが、この地域を生きた先人達は約250年の刻をかけて少しずつ細部を仕上げ、仏法の場を守り伝えて下さいました。お勤めと法話は365日欠かすことなく行われ、現在でも昔と変わらず午前6 時と午後2 時には地元の方が足を運ばれ法話に耳を傾けております。毎日法話がある寺院は今となっては数少なくなりましたが、皆様にはいつでも仏法の御法縁にふれて頂けるよう勤めている次第で御座います。そして法話は本堂だけではなく富山県西部全域、石川県にまで足を運び勤められております。その御縁があり各地域の方々からの心ある御懇志によって城端別院善徳寺の護持運営がなされ本堂が守られております。本堂はどなたでも自由に参拝することができますのでお気軽にお越しください。


3F1A6017.jpg

こんな凄いお寺が、観光名所でもない住宅地の一角に普通に存在している事に驚かされます。


3F1A6074.jpg

入場券を購入する窓口もセキュリティゲートも一切なく、誰でも普通に立入る事が可能でした。


彫刻の数々がもの凄く精巧で美しく圧倒されます。


3F1A6088.jpg

容姿の異なる神様が欄間に存在しており、どれも生きている様な表情をされています。


ちょっと外観を見学するだけのつもりが、素晴らしいお寺の造りを観察しているうちに1時間も浪費してしまいましたが、善徳寺だけを見に行っても良いくらい素晴らしいお寺だと思います。


3F1A6094.jpg

お向かいの雑貨店がまた懐かしい。この様なタバコ販売の窓口が併設されているお店はもうほとんど残っていないのではないでしょうか。


父に小遣い銭をやるからと子供のころは良く煙草を買いに走ったものです。


富山県の五箇山を訪れる際には、是非一度善徳寺さんにも立ち寄られる事をお勧めします。

Comment

Add your comment