FC2ブログ

ジェットスター国際線 ビジネスクラスの感想

DSC06282.jpg

ジェットスターファンの皆様、特段ジェットスターを否定するつもりは有りません。


JALのプレミアムエコノミーをお願いしたのに、実はジェットスターのビジネスだったという事でその落胆ぶりをまとめておりますので、マイナス評価ばかりになってしまい申し訳ございません。


いよいよ搭乗開始になりますが、第三ターミナルならではなのか搭乗開始予定時刻になってもアナウンスが流れません。不安なので搭乗ゲート前に行くと周囲にはシートが少ないため皆さん地べたに座ったり、立って待つという状況。


行儀が悪いのですが、私も搭乗開始状況が不明なので窓枠に腰を下ろして待つことに。


DSC06347.jpg

漸く搭乗開始。簡素な搭乗改札を抜けるとブリッジは無く、何故か鉄骨階段を下りて行きます。


このかがんで通る様な仮設通路もどきが「大丈夫か?」と更に不安にさせます。


DSC06349.jpg

何と地上に一旦降りてからタラップを上がります。帰国時は雨が降っていたので隙間から激しく雨が振り込んでおりました。


DSC06355.jpg

何故LCCにビジネスクラスが存在するのか意味が分かりませんが、これがジェットスターのビジネスクラスのシートです。


本革ですがJALやANAのプレミアムエコノミーシートの方が断然良く、前方の方にリクライニングされるとモニターが大きく迫ってきます。ただ、大きなヘッドレストが設けられているのですが、この左右が折り曲げられる構造になっており、これを利用すると頭を固定してくれるので寝易い点は高評価。


また非常に有難かったのはトイレがビジネスクラス専用になっており、21席のみの利用であるため混雑が無いこと。些細な事ですがこれ重要。


DSC06356.jpg

座席に関してはテーブルが無いので探していたらお隣の外国人に教えてもらいました。旧型新幹線の様にアームに格納式テーブルが収納されていました。


アメニティは小さなポーチに収納されているのですが、ポーチからアイマスクまで酷い接着剤の臭いでとても使えません。スリッパは無く黒い紳士用靴下の様な物が入っており、機内はこれを履いて移動するの?と思わずこれも尋ねてしまいました。


歯ブラシも靴磨きか!というほど妙な形状と大きさで、口に入れると吐き気をモヨオシマス。


IMG_6071.jpg

飛行機は中型機のB787。中型機は非常に揺れるので出来るだけ避けたいのですが、幸いな事に今回のフライトは往路復路共に全く揺れずに済みました。


IMG_6072.jpg

座席は335しかなく、このうちビジネスは最前列の3列21席のみ。プレミアムエコノミーは当然有りません。


ビジネスでもさほど広くない状況なのに、エコノミーは幅奥行きともに一回り狭いため多少の我慢は必要かも。ケアンズまでは約7時間ほどなので寝てしまうに限りますね。


IMG_6068.jpg

画素が荒く発色も悪く非常に観辛い液晶画面。タッチの感度も驚くほど悪く壊れているのではないかと疑ってしまいます。


IMG_6076.jpg

映画は何かの間違いだろうと驚くほど酷いラインナップ。LCC故、配給会社へ支払う利用料も限られているのでこうなる訳です。


IMG_5371.jpg

一応ウェルカムドリンクにシャンパンが振舞われますので、続いて遠慮なくアルコールをオーダー致しましょう。ビジネスということでプラコップではなくガラスコップを提供。


IMG_5374.jpg

贅沢を言ってはいけないのですが、これがビジネスの機内食...。JALやANAのプレミアムエコノミーと比べてしまうとどうしても落胆してしまいます。


IMG_6066.jpg

こちらは復路で出された機内食。プラやアルミではない陶器で給仕していただいている事に感謝致しましょう。


IMG_6079.jpg

復路で出された軽食。フィッシュフライ?これは意外に美味しかったですね。


IMG_6069.jpg

ジェットスターを良く利用されているのか何人かの外国人は、しょぼ過ぎる機内モニターは使わず持参したipadで映画を観ていました。


往路では一同がっかりでしたが、復路では慣れたのか案外快適に過ごせてしまいました。贅沢言わず、何事も受け入れて順応してしまう事が最善なのかもしれません。

Comment

Add your comment