FC2ブログ

グリーン島とアウターリーフクルーズ(オーストラリア グレートバリアリーフ) vol.1

DSC06636.jpg

グリーン島とアウターリーフクルーズ  18%OFF 16,370円~(AU$220.00)

到着2日目にこちらのオプショナルを申し込みました。実際に体験しましたが非常にお得で効率的なツアーだと感じました。

[HISのオプショナル紹介の文面はこちら]
1日でグリーン島とアウターリーフの2ヶ所を訪れることのできるプレミアムツアーはケアンズではこれだけ。グリーン島で2時間、アウターリーフで3時間!あっという間に満喫の1日が過ぎてしまいます!ケアンズの海観光はこれで制覇!!約6000年の歳月をかけて大自然が築き上げたグリーン島は、グレートバリアリーフの『緑の宝石』。島には83種類の植物と60種類の渡り鳥を含む鳥類、周囲の海には1500種類もの海洋生物が生息。ケアンズより高速艇で45分。ゆっくり歩いて1周40分、12ヘクタールの広さの島には、レストラン・プール・リゾートショップ・シャワー・更衣室・トイレ・有料ロッカーの設備が整い、大自然の中、快適にお過ごし頂けます。また、ダイビング・シーウォーカー・スクーバDOO(水中バイク)など、多彩なオプショナル・アクティビティにも別途料金でご参加頂けます。

DSC06601.jpg

早朝7時半にホテルを出て、海沿いのボードウォークを15分程歩きリーフフリートターミナル内 GREAT ADVENTURES社のカウンターで直接チェックイン。


8時半になったらこちらの高速カタマランで最初の目的地グリーン島へ向かいます。フルで360名ほど乗船出来るそうですが、この日は日曜日でしたが8割ほどの利用率だったらしいです。


グリーン島まで1時間弱かかるので船酔いを心配していましたが、それほど揺れず寝不足気味の我々は道中爆睡でした。船酔い防止の意味もあり冷房がきつめなので必ず上着持参で乗船しましょう。


DSC06604.jpg

グリーン島到着。正しく海に浮かぶ楽園ですが、水面が50cmも上昇したら水没してしまいそうな平たい島です。


DSC06613.jpg

一同上陸。ほぼ白人ですが思いのほか日本人も多かったですね。


DSC06622.jpg

時間の制約上島を一周はしませんでしたが、20分ほどで島の突端まで辿り着けました。


DSC06633.jpg

船の形をしたお土産屋さんが島の中央で営業されています。


DSC06681.jpg

日本だと沖縄のみんな島(クロワッサン島)やハワイのハナウマ湾等、美しい海を訪れましたが、やはりグレートバリアリーフは別格ですね。


この日の気温は28度ほどでしたが、海水温は低く日本人は悲鳴を上げながら海に入っていました。白人は何も言わず普通に泳いでいましたが基礎体温がどれだけ高いんだ!?


DSC06767.jpg

こんな天然のオアシスが存在していたので、家族で有難く利用させていただきました。


ハナウマ湾では後から来た中国人観光客の一群に嫌がらせを受けて追い出されそうになりましたが、グリーン島ではそんな心配も無し。観光客が大挙して押し寄せる観光地より落ち着いていて快適に過ごせます。


IMG_5524.jpgIMG_5527.jpg

グリーン島ではまだ電波が入るのでどの辺の場所なのか検索してみました。


ケアンズは想定よりもオーストラリアのかなり上方に位置する事を改めて認識。そして更に拡大するとケアンズとグリーン島の距離は50km前後有ることが分かりました。


IMG_5528.jpgIMG_5529.jpg

更に更に拡大するとグリーン島は巨大なグリーンアイランドリーフの僅かな部分が水面に顔を出している事が分かりました。


高速船が乗り入れ出来る場所も限られている状況がこれをみて初めて理解。グーグルマップ素晴らしい。


IMG_5515.jpg

天国です。この素晴らしい地球環境を守るためにも、温暖化を何とか食い止められないものでしょうか。


DSC06848.jpg

島での散策を2時間ほど楽しんだ後、再び高速船に乗船し次なる目的地アフターリーフへ向かいます。


DSC06881.jpg

乗船を待っている間、水面にウミガメを発見し一同感激。


気持ちよさそうにぷかぷか浮いていました。

Comment

Add your comment