FC2ブログ

グリーン島とアウターリーフクルーズ(オーストラリア グレートバリアリーフ) vol.4

DSC06941.jpg

ダイバーズウォッチを持っていなかったため、愚かにも出発時間の1時間以上前に上がってしまいました。


はぐれてしまった子供は上がっているものとばかり思っていたのですが、実は延々シュノーケリングに興じており、執念でカクレクマノミを見つけていたとは。


時間が以上に余ったのでポンツーン内を散策開始。


DSC06942.jpg

UNDERWATER OBSERVATPORYと書かれた階段を下りて行くと、この様な海底が覗けるデッキになっていました。


DSC06944.jpg

グレートバリアリーフを最大限楽しむにはやはりシュノーケリングでしょうね。


DSC06955.jpg

ポンツーン周辺で発見出来る魚たちが紹介されていますが、一番人気はやはりカクレクマノミでしょう。


DSC06959.jpg

ポンツーンに関する詳細情報も掲示されています。


DSC06963.jpg

日本語表記も有り興味津々に読み込んでしまいます。


DSC06969.jpg

シュノーケリンやダイビングに興ずる人々ばかりなので、この面白い施設はガラガラ貸し切り状態。


DSC06971.jpg

グレートバリアリーフに関する情報も非常に面白い。


DSC06980.jpg

今回のシュノーケリングの機材。


DSC06987.jpg


P9140392.jpg


DSC06900.jpg

Comment

Add your comment