FC2ブログ

HONDA EU16i 発電機用オイル10W-30

DSC07373.jpg

来るべき日に備え、家族が最低でも2週間生き延びられる対策を講じています。


偶然にも東日本大震災前の2月から本格的に備蓄などを行っていたのですが、発電機は震災後の2011年夏頃に購入。


震災直後は15万前後の発電機が高騰して30万近くになっており、価格が下がった頃を見計らって購入。


そういえば当時はカセットコンロのボンベも高騰して3本1000円で売られており、人の弱みに付込んだ便乗値上げだという声もありましたが、最早ダイナミックプライシングが一般化してきていますから、それこそ震災などがあれば普通に倍以上の価格で売られる事でしょう。


今回台風15号、19号で再び備蓄や震災対策を見直す契機が生じましたので、我家の装備を再確認していたところ幾つが問題発覚。


DSC07374.jpg

私が当時購入した発電機はHONDA EU16iで現在は後継機種が販売されていますが、買い替えるほどの進化無し。


DSC07354.jpg

購入したまま一度も試運転せずに小屋裏で眠っています。試運転したいところですが、ガソリンとオイルを充填し試験後はそれらを抜かなければならないので躊躇したまま現在に至る状況。


段ボールすら開けていないので実は取説も読んでいません。


DSC07352.jpg

当時この発電機と共に購入したこのオイルはホンダ純正の4サイクルオイル。


今更ながら取扱説明をネットで調べてみるとこの発電機用オイルの粘土は10W-30と判明しましたが、購入していたこのオイルは何故か10W-40。1ランクオイルが硬いわけです。


回らない事もありませんが当然燃費は落ち、小排気量エンジンなので正しい指定オイルを使うにこしたことはありません。恐らく、当時誤った情報をもとにこのオイルを購入したのでしょう。


今時こんな1Lのエンジンオイル何処に行ったら購入できるのかも分からないので、アマゾンで調べるとホンダオイルは1本980円+送料680円。


ばかばかしいので近所のホームセンターに行ったら農耕機用として指定粘土のオイルが売られていましたが僅か400円。ホンダがオイルを生産している筈もなくSL規格ですからこれで十分な訳です。


DSC07377.jpg

ホームセンターついでにこんな物も購入してみました。


レジ脇に置かれていた物を偶然見つけたのですが、発電機は有っても良く考えたら我が家に有る仮設照明は古めかしい工事用照明1台だけでしたから気付いて本当に良かった。


防塵、防水仕様のLEDで2500円ほどと破格。


DSC07378.jpg

箱も小さくこんなに安価で大丈夫か?


DSC07381.jpg

左が我家で20年来使ってきた古めかしい投光器。一応白熱電球からバージョンアップしてLEDにしていますが両方を点灯させて明るさを比較したら、笑えるほど光量が違いました。


そももそこの旧型投光器は水濡れ厳禁。新型はコンパクトで場所も取らず省電力ですから買い替えて正解。


今回の台風19号の様に甚大な被害が出れば、救援などいつまで待っても来ず、ライフラインの復旧も月単位で復旧しないかもしれません。他に更新しておくべき装備が無いか改めて検証しておこうと思います。

Comment

Add your comment