FC2ブログ

アクアリウムはじめました vol.2

IMG_0276.jpgいま思い返すとこの水槽は10年以上、野ざらしで放置していたにも関わらず現役。やはり昔の製品の方が作りが良いのかもしれません。

下段のオレンジが10年以上生存してくれていた金魚で、白赤とデメキンが新人でしたが、今は黒いデメキンしか残っていません..。

何がいけなかったのか散々調べ、導き出した原因は3点。

[水槽の立ち上げ失敗]
今回の私の行為は”水槽の立ち上げ”と呼ばれる作業を行ったことになるのですが、立ち上げたばかりの水槽にはバクテリアがいないため、瞬く間に金魚の排泄物で水が汚染されてしまった様です。

バクテリアを事前に増やしておく必要があり、金魚を迎えるためには最低でも1週間、万全を期すのならば1ヶ月ほど前に水槽の立ち上げ作業を行っておく事が賢明とのこと。


[水合わせの失敗]
購入してきた金魚たちをそのまま水槽に移してしまいました。

水合わせは非常に重要であり、購入してきた金魚は袋に入れたまま30分以上放つ水槽に浮かべ、まず水温を合わせる。そして少しずつ穴をあけて水槽の水と前環境の水を少しずつ混ぜて合わせ、暫くしてから最終的に水槽へ開放。

カルキ抜きをした水に放てば良いだろう程度にしか考えていなかったのですが、1時間ほどこの作業に費やすべきだったのですね。


[餌を3日間やらない]
環境に馴染むまで金魚には暫く与えない方が良いのだそうです。金魚のカロリー消費は僅かであり3日くらい餌を与えなくてもへっちゃらであり、慣れない環境で餌を与えるとかえって体調を悪くするそうです。


学習して思うのは事前に水槽の立ち上げを行い、小さな魚にストレスを与えないように神経質なまでに水合わせを行ってあげるべきでした。

水は我々にとっての酸素と同様に生きる上での最重要要素であり、水質悪化やバクテリアの存在などをしっかり考え管理してあげなければいけません。

たかが金魚、されど金魚ですね。

Comment

Add your comment