FC2ブログ

メダカの台風対策

IMG_3413.jpg
今年も恐怖の台風シーズンがやって来ました。

テントとメダカの生活を始めてしまったので、これまでの台風対策より非常に手間が掛かる事になり、早めにシミュレーションを行わなければと考えている矢先に12号上陸の予報。

今回の12号は975hpaなので一般的な勢力。しかし昨日の予報では西日本寄りへ向かう筈でしたが、一夜明けると一転して関東直撃予報に進路変更。早朝から撤収作業とメダカの台風対策に着手しました。

IMG_3397.jpg
テントを設営して5ヶ月、始めての撤収作業となりましたが、いつの間にかテント内に物が溢れており2時間投じても漸くここまで。

常設ではないアウトドアは直ぐに撤収できるように簡素化しておかないと駄目ですね。

IMG_3401.jpg
テントを撤去し思いがけず明るく照らされることになった人工芝。早速お犬様の憩いの場となりました。

IMG_3404.jpg
12号は風よりも雨に警戒が必要との事なので、水槽が雨水で溢れ出さないように作製しておいた雨傘メッシュを水槽に縛り付けましたが、今後の餌やりはどうすればよいものか。

ひとつひとつ作業を行わなければならないため、今後も台風発生の度にこの作業を繰り返すのかと思うと憂鬱になります。

IMG_3406.jpg
稚魚を集めているスイレン鉢は貴重な稚魚のみ屋内へ移動し、その後スイレン鉢ごと防水シートで包んで完全養生。ミジンコも流されないように同様の手厚い対策。

IMG_3409_20200922172045c2f.jpg
この旧型水槽は底面が上がっているので紐が通しやすく、この様な時に助かります。

IMG_3410_20200922172046658.jpg
稚魚育成のスタイロ水槽も網を二重にして台風対策したつもりでしたが、隙間が空いているのでこれだと雨が振り込みますね。やり直します。

IMG_3421_2020092217205123e.jpg
スイレン鉢は水草が伸びているので完全養生不可。それぞれの鉢にはオーバーフローの穴は開けてあるので、今回はこの程度の養生で凌いでみたいと思います。

IMG_3416.jpg
幹之が多数泳いでいるスイレン鉢は遮熱シートを一部くり抜いて雨養生。これでも土砂降りの雨では相当雨水が侵入するので、オーバーフローが上手く機能してくれることを願うばかり。

手前の大型鉢にはまだメダカを投入しておらず、オーバーフロー穴も2ケ所設けているので、このままで豪雨に耐えられるものか敢えて実験してみます。

IMG_3422.jpg
4時間かかり撤収作業終了。一応カーポートの下なので今回はこの状況で台風を迎えます。

未曾有、破壊的等々の非常に恐怖を煽る表現が近年の台風には良く使われますが、温暖化の影響で成長しながら突進してくるエネルギーの塊のような台風に、今年は幾つ襲われるのでしょうか。

昨年も車を非難させたり、脆弱な窓にアルミ板を張ったりと色々対策を講じましたが、幸いにも直撃は免れ被害は出ませんでした。

今年はコロナ禍にて時間が有ったので、事前に台風対策として吹き飛ぶ懸念があったバルコニーの屋根を撤去し、ガラスには全て飛散防止フィルムを張りましたが、まだ幾つかの懸念事項があるので次の台風に備え準備しておきたいと思います。

Comment

Add your comment