FC2ブログ

2021謹賀新年

DSC00074.jpg
新年明けましておめでとうございます。謹んで新年のお慶びを申し上げます。

要請通り自宅に籠ったままの寝正月。これほど何処にも行かない正月も初めてですが、都が政府に緊急事態宣言を要請しているとの事で、休み明け早々に再びあの生活が始まりそうですね。

正月くらい幸せな一年を考えたいのですが、現実は厳しくサバイバルな一年を覚悟して一日も早く戦闘モードに入らなければと気を引き締めています。

今年の不安要素を個人的関心度合いの高い順に並べると、コロナ、経済、生活、世界情勢、政治、オリンピックといった感じですが、どれも更に悪い方向に進んでしまうのでしょう。

個人レベルとしては生活防衛が第一ですから、今日仕事を失っても明日から別の仕事に移れるスキルを磨いておくしか有りません。

今年は数年振りにB5システム手帳を復活させ、日々自身のスキルの棚卸や新ビジネス移行に必要な資本や人脈などを整理し、その日に備える事を年末から実施しています。

IMG_E5541.jpg
元旦の新聞はやはりコロナ関連の記事が多く明るい記事は見当たりませんでしたが、企業広告には「未来」「変化」といった希望を掲げた物が目立ち少し勇気づけられました。

急速に進む地球温暖化を少しでも遅らせるためカーボンニュートラル、脱炭素という潮流が大きくなってきましたが、環境保全中心の経済発展が望まれます。

産業活動を急停止させたことにより環境改善した事は明らかなので、人類は今のレベルで最低限生きていける活動に抑えるという考えも必要なのではないかと。

DSC00076.jpg
元旦は分厚い折込広告が綴じられていますが、予想通りこの不況ですから例年の3分の1にも満たない様な厚さ。寂しいですね。

DSC00052.jpg
さて、自宅に籠ってはいますが例のテント生活は続いており、寒さに震えながらも外でコーヒーを飲んで気分転換を図っています。家族は誰も付き合ってくれませんが(笑)。

東京の冬は程よい寒さであり晴天続きなので私は好きです。

DSC00049.jpg
冬の狭小庭はメダカと同様に放置状態ですが正月からバラが一凛咲いていました。

このバラは今は無き向ヶ丘遊園のバラ園で購入した苗なのですが、今も毎年綺麗な花を咲かせてくれます。それにしても正月にバラが咲く筈もないのですが、今年は何か良い事が有るというお告げなのでしょうか。

コロナによる失業者は既に8万人とも言われ、大企業も次々にリストラを掲げ公然と首切りを断行。結局のところ、国も会社も冷酷であり助けてはくれず自助努力で生き残るしか術無し。

暗い世の中ですが、常に前向きに考え変化していく一年に致しましょう。本年も宜しくお願致します。

Comment

Add your comment