FC2ブログ

極寒に耐えるミナミヌマエビ

DSC00239.jpg
今年の東京は例年になく寒い冬であり、マイナス5℃まで下がった日も有りこれまで経験したことが無いほど分厚い氷も張りました。といっても我家は東京都下ですが(笑)

水草の類も浮草をはじめ多数が生き残っていますが、一部の水草は低水温に耐えられず溶けだしており、枯葉も多く沈殿していたので、それらを取り除くべく水槽清掃を実施。

根ごと取り除くためにウィローモスなどを動かしていたら、死滅したと思っていたミナミヌマエビが現れました。

各水槽に2匹ずつ適当に投入したのですが、後に調べてみると適応温度は5~30℃との事であり、気付けば既に外置き水槽の温度は概ね1~5℃になっていたので諦めていたのですが、しっかり生き抜いていました。

DSC00241.jpg
もしかしたら他の水槽でも生存しているかもしれないと2つの水槽を探して捕獲出来たエビは計4匹。他の水槽でも生存しているかもしれませんが、探しやすい2つで止めました。

屋内水槽の2匹も生存中なので、10匹購入して過半が生き残っています。

更に調べると雄雌の判別方法はオスが小さく、メスが大きいのだとか。確かに捕獲した物を観察すると明らかに大きさが異なります。稚エビも見てみたいので、雄雌をペアにして屋内水槽に放ちました。

IMG_6189.jpg
屋内飼育のエビは脱皮を何度も繰り返しあっという間に大きくなりましたが、これはメスでありメダカより大きい。

ミナミヌマエビは泳ぐ姿も水草をツマツマしている姿も愛らしく、メダカと一緒に飼うと非常に楽しいですよ。

Comment

Add your comment