FC2ブログ

老犬と子犬

IMG_1228.jpg
子犬を突然迎える事になりましたが、何より大きな問題は老犬が快く向か入れてくるれるか否かという不安でした。

10歳を超えており既に老犬と呼ばれる領域。一度大病して生死の狭間をさ迷いましたが、奇跡的に蘇ってから1年半が経過。

昨年末からあまり餌を食べなくなっていたので、寒くなって体調を悪くしたのかと少々心配でしたが、今回子犬と共にワクチン接種に行った際、再び大きな腫瘍が出来ていることが判明。

CTや血液検査も受けたのですが既に手の施しようないほど悪化しており、持って数日、早ければ今日にでも亡くなる恐れがあるとの説明。

まさかそんな事になっていたとは..。

日頃から食欲や排便、体に変化が無いかなど気に留めておくべきでしたが、後悔しても後悔しきれない状況で、ただただ謝るしか有りませんでした。

IMG_6202_20210124134238dbc.jpg
この子は家族の相談も無く私が勝手に買ってきたのですが、何をするにも常に私と一緒であったため、突然今日亡くなると言われても事実が受け入れがたく、ダメージは想像以上でした。

家内もコロナにより突然職を失い長期の自宅軟禁を乗り切れたのは、この子が居たからだと感謝しており、これまでの感謝を込めて夫婦で出来るだけのことをしてあげようという結論に至りました。

ドックフードを一切食べなくなったので、何か食べさせなくてはと冷蔵庫の食材を片っ端から与えてみたところ、チーズ、鶏肉、はんぺんだけは食べる事が判明。

この3種も時折食べなくなるのですが、様子を見ながら少しづつ与え、余命宣告されてから2週間をどうにか乗り切っています。

幸いリモートワークで仕事が出来るので、なるべく自宅に居る様に切替え傍に居る様にしています。突然急変する事態は覚悟していますが一日でも長く生き、旅立つ前に子犬と仲良くなってもらいたいと切に願っています。

Comment

Add your comment