FC2ブログ

メダカの給餌開始は15℃

IMG_4099.jpg
日々の気温が20℃を超え水温も10℃を切る事は無くなってきました。

暖かい日はメダカが盛んに泳ぐようになり活動しが活発になってきたため、必然的に給餌を開始していますがシーズン当初は難しいですね。

2月中旬の非常に暖かい日に餌を僅かに与えた紅帝メダカが、消化不良なのか2匹仲良く死んでしまいました。秋に購入した5匹の紅帝メダカは、良く見える屋外水槽に入れていたのですが、目に付くためついつい足し水をしたり僅かでも餌を与えてしまったため、結局1匹しか越冬できず可哀想な事をしました。

ではどのタイミングで給餌すべきなのかしらべてみると、概ね水温が15℃になってからという指標。ただ、メダカの動きを見ていると10℃以上だと給餌が必要な気もします。

ただ日中水温が15℃に上がっても、夜間に激しく温度が下がってしまってはやはりメダカが亡くなる可能性は高くなるので、最低温度が10℃を切らない環境になるまでは放置しておくに限りますね。

IMG_7594.jpg
苔だけになってしまった天空水槽はリセットして温度計もセット。付属のマジックテープの接着力は弱く度々おちるので強力な両面テープで貼ってしまいました。

IMG_E7607.jpg
先日、寂れてしまったホームセンターに行く機会が有り、ペットショップを覗いてみましたがメダカは楊貴妃が売られている程度。

寂れてくると仕入れが細り、品揃えが悪くなるので更にお客様が離れるといった悪循環。

ここもあと半年、一年しか持たないのだろうと悲しい思いで巡っているとレッドビーシュリンプ発見。こんなところで売っているのかとプライスタグを見ると1匹500円。実店舗では結構なお値段なのですね。

オークションで購入したシュリンプ8匹は3匹になりましたがまだ存命中。

メダカも実店舗で購入するのは結構割高であるとことに気付き、時折オークションを利用していますが、アマゾンと一緒で実店舗での販売は昨今苦戦されているのではないかと思われます。

Comment

Add your comment