FC2ブログ

五藤めだか メダカ シュリンプ 選別撮影ケース

DSC00750.jpg
メダカの選別や雄雌判別のために100均の虫かごを使っていましたが、小さなプラケースの中でもメダカは激しく泳ぐため、メダカの選別にはこんな方法しかないのか!?とイライラが続いていました。

例によってググっていると結構色々出てきました。価格も形状も多種多様であり、結構私と同様に苦労されている方が多い事を改めて認知(笑)

ほぼアクリルケースですがアクリルの造りはピンキリなので安い物は使えません。

予算としては高くても2000円程度だろうと考えていましたが、この商品は2色セットで¥5,000。こんな高いのか...。とは感じましたが評価も高いのでイライラ解消のためには仕方あるまいと購入致しました。

DSC00751.jpg

五藤めだか メダカ シュリンプ 選別撮影ケース 黒白セット アクリル製 プロ仕様 撮影用容器 観察ケース 横見 薄型 改良めだか ビオトープ 水槽 熱帯魚 エビ 小魚マリン アクアリウム ボックス ¥4,980


高い..。

しかし想定以上にしっかり造られており価格なりの品質を感じられます。

メダカの投入口はR形状になっており、投入もリリースもし易くメダカを傷つけません。

DSC00759.jpg
2色は要らないだろうと思っていましたが、白系のメダカは黒が便利。逆に黒系は白が活躍するので、確かにセット販売は有りでした。

このメダカさんは幹之ですがうじゃうじゃ泳いでる中において、鉄仮面の様だったので捕獲してみました。上見では雄雌の判別も分からなかったのですがケースに入れると一目瞭然。雌。

最初誤って白ケースに入れたのですが全く見えなかったので黒に移動。老眼でも非常に良く観察できます。

DSC00774.jpg
上見も可能。綺麗な鉄火面でした。単なる幹之スーパーもこうやって見ると非常に綺麗ですね。

この狭いケースに入れると虐待っぽく見えますが、幅は上手く考えられておりどうにかUターン出来る微妙な寸法に抑えらえているので、圧迫せずにしっかり観察する事が出来ます。

大きさは3~4匹投入して一括確認も可能。

しっかりした造りですが手を滑られて落とせば一巻の終わりなので、特性上どうしても濡れた手で扱うので注意致しましょう。

Comment

Add your comment