FC2ブログ

マリンブルーメダカ

DSC00953.jpg
メダカの卵や稚魚を入れる水槽が満床となり収拾がつかなくなってきました。

解決策として飼育を止めるメダカを特定し、大型のスイレン鉢に移して繁殖させず自然淘汰させることに決定。可哀想なのですが仕方有りません。

まずお店に勧められて購入した三色錦は、ほぼすべてが薄ぼんやりしたピンク色で多少赤が出たものも黒が入らずまだら紅白。

黒い容器に移したり餌を変えたりもしたのですが、3世代に渡りピンクであるため繁殖停止。夜桜も1歳を超えるとラメが無くなり真っ黒になってしまったのでこちらも廃止。

DSC00956.jpg
マリンブルー?として青くなると冬の時期に稚魚10匹を購入したのですが、一向に青くならず上見では幹之と同様。

廃止決定でしたが念のため選別ケースに入れてみると思いのほか青い!?光に当たるとヒレが綺麗に青く輝くため、これを廃止するのは惜しいと飼育継続決定。

DSC00996.jpg
大型水槽に10匹以上居た筈が7匹に減少。1匹が背曲がりだったため小型水槽に移し6匹にて飼育続行。

念のため選別ケースで6匹を調べたところ偶然にも雄雌の比率は半々。新しい水槽を仲良く6匹で回遊しています。

DSC01004.jpg
でもやっぱり上見では幹之(笑)。いつの間にか減っていた事からも、あまり丈夫な品種ではなさそうなので、今シーズン限りかもしれません。

DSC01028.jpg
昨年末にオークションで購入した「超極上雲州三色めだか 4匹+補償1匹」でしたが屋内飼育なのに2匹が亡くなってしまい3匹がぎりぎり生存。

幸い雌が1匹残っていたので子孫は10匹以上に増やせましたが、オークション画像に掲載されていた真っ赤っ赤にはならずオレンジにまだら黒。

オークションのメダカは殆ど画像加工されている事は存じていましたが、評価が良く安価ではなかったので信頼してみたのですがダメでした。

保障の1匹も何故か白なので確認すると、大きくなったら赤くなりますと子供だましの回答。今も真っ白のまま泳いでおり宜しくない出品者でした。

DSC01036.jpg
オーロラ黄メダカも次々亡くなり最後の雌1匹で踏み留まり、雲州三色と同様に10匹以上に増えています。

このメダカも無理な改良がたたってか、次々にやせ細り病などで亡くなったので、子孫たちは出来る限り太陽に当て広い水槽で泳がせて来シーズンに命を繋ぎます。

品種選別と共に稚魚もそれぞれの水槽に分別しましたが、この日の気温37℃。汗だくで朦朧としてきたので雄雌比率の判別はまた改めて。

Comment

Add your comment