FC2ブログ

伐採

3F1A2445_2021103114044601e.jpg
メダカ飼育を2シーズン経験して思うのは、メダカ飼育環境には水槽の大きさや餌よりも、太陽光の方が重要であると感じます。

一年を通してメダカには太陽光をたっぷり届けてあげられる環境が望まし事は分かっているのですが、住宅環境がそれを許しません。

我家では北以外の空いた場所に水槽を置いていますが、一日中日が当たる場所は存在せず、逆に一日中半日蔭という場所があったりします。

メダカの成長速度や卵の孵化率、病気のなり難さなど、どれをとっても日当たりが良い場所が勝り、半日蔭のメダカはどこかしら元気なく感じます。

IMG_1763.jpg
我家の西面は鬱蒼とした雑木林が広がっていますが、こんな具合に一応広がった空を見る事はでき、夏場は強烈な日差しが降り注ぐためメダカの水替えなどもUV対策が欠かせません。

IMG_1760_202110311404471be.jpg
しかし、9月過ぎからお天道様は無情にもこの様に樹木に隠れてしまいます。せめて一本でも高木が無ければ秋でも日が差すのですが。

IMG_2131.jpg
なんて事を考えていたら雑木林を管理されている地主さんでなのしょうか、下草刈を行い住宅地へ伸びていた高木を何本か伐採してくださいました。

IMG_2129.jpg
高木1本が無くなっただけなのですが突然大空が広がりました。

IMG_2155.jpg
天空水槽や西側に並べていた水槽に日が当たる様になりました。

IMG_2135.jpg
やはり日が当たる水槽では低温下でもメダカは元気に泳ぎ餌も食べます。合わせて水草の成長も早く緑も深い。

ただじっくり観察してみると、伐採によって日が入るのは12時から13時半の間の約1.5時間のみ。ただ、僅かな時間でも直接日が届くようになったことは大変有難く感謝するばかりです。

Comment

Add your comment