FC2ブログ

アウトドアで使えるマキタの電動工具 vol.3(MKT-102)

IMG_0012.jpg
今年は梅雨が突然明けたと思ったら、戻り梅雨という聞いた事もない言葉で梅雨が復活し、結局例年通り7月20日から晴天続き。

既に40℃近い熱波を経験し未だ35℃の猛暑日続きですが、インドの方がインドより日本の方が暑いと言われていた通り、この湿度と高温はシンガポール並みである様な気がします。

シンガポールに滞在していた数日間、日本の方が涼しいと感じたものですが今や同等なのかもしれません。

これだけ暑いと経済活動にも影響が有ると先日の日経新聞に書かれていましたが、確かに外出する事すら億劫でありキャンプもアウトドアも嫌。

ただ、一応アウトドア用に扇風機は購入しました。

AJ9I8433.jpg
MKT-102 \11,000

こちらはマキタの定番扇風機のスノーピーク版ですがこれ最高です。

当然ながらマキタ製ですから、バッテリーはマキタの18Vが転用でき付属のアダプタでコンセント利用も可能。元々現場仕様なのでタフで実用的。

AJ9I8432.jpg
決してコンパクトでは有りませんが、このままトランクなどに放り込んでも大丈夫でしょう。

AJ9I8434.jpg
タイマー設定もでき何より首振り機能が便利。私は18Vの6.0Ahを使用していますが満充電であれば丸一日は間違いなく使えます。

AJ9I8436.jpg
アダプター接続もバッテリー接続口も背面。

ファンの作動音は少々煩いのですが、風量は3段階の最弱でも十分に強く、屋外テントで過ごす際に大活躍中。これは間違いなく夏の一軍アイテムですが、屋内用、持参用と考え結局計3台も購入してしまいました。

スノピ仕様は実売\11,000程度、マキタの標準品なら\7,500ほどと大変安価。

AJ9I8537.jpg
対して最初に購入したのがこのクレイモア扇風機。

お洒落で最高!とキャンプ系サイトでお勧め商品になっていましたが、これで??という感じです。

AJ9I8540.jpg
確かに見た目はお洒落ですが風量が弱く、最強にしてもマキタ扇風機の最弱にも敵いません。

AJ9I8544.jpg
バッテリーは内蔵型でこの大きさなので、最強にして果たして何時間持つのでしょうか。

ファンの大きさも小さいので風が届く範囲も狭い。マキタと比べる事自体が間違いなのですが、やはり首振りがないこの扇風機は同じ部位に風が当たって不快。扇風機にとって首振り機能は必須と思われます。

テント内の熱を排出するためなどに何度か使用しましたが、如何せん風力が弱いので真夏だと全く効果無し。

サーキュレーターなどに使ってみようかとも思うのですが、だったら最初からマキタで良いではないかと最近登場の機会がほぼ無くなりました。

マキタの標準ブルーカラーなら7,500円程度(バッテリー別)なので。クレイモア扇風機を7千円も出して買うなら断然マキタです。

Comment

Add your comment