FC2ブログ

北富士演習場 vol.2

3F1A3604.jpg
くれぐれも、入山は風景写真が目的です(笑)。

IMG_5173_2022091818482133c.jpg
無造作にゲートが開かれておりご自由にどうぞ状態。入山鑑札が無いと不法侵入になるのかもしれませんが、言うほどの効力は無い様にも思われます。

役場の方にはダッシュボードに入山鑑札を置いて走行する様に注意を受けましたが、この日、4時間入山した状況下ではチェックを受ける事は一度も有りませんでした。

3F1A3625.jpg
この地自体が富士山の裾野ですから、富士山がこれ以上無いほど綺麗に見えます。

こんな素敵で広大な原野をひたすら走れるなんて夢の様です。

3F1A3620.jpg
アリゾナ?

3F1A3613.jpg
舗装路はほぼ無く延々ダートが続きます。

脇道は凹凸や急勾配が続くため四駆+オフロードタイヤは必須。外周路も荒れてはいるものの、注意すれば乗用車でも行けそうな気もしますが、激しい砂ぼこりと石跳ねでダメージは受けるでしょう。

IMG_5294.jpg
陸自の重機は何れもモスグリーンのミリタリー仕様になっており武骨で素敵。

IMG_5213.jpg
ナビに道が表示されず、案内も標識も無いため何処を走っているのか全く分かりません。比較的フラットで太い道路が外周路の様です。

IMG_5215.jpg
漸く見つけた案内図もこの程度。試しにまゆみ道を探して走ってみましたが結局判明せず。

IMG_5186.jpg
外周路から一歩入るとほぼこの様な悪路。

試しに何処に繋がっているのかと入ってみましたが、片輪が浮いてスタックする様な場所ばかりでしたので、無理せず途中で都度引き返してきました。

Uターンも全長が短いジムニーなら楽々。狭い道も入って行け、軽い車重なので路面を傷めることも少なく環境にも優しい。

3F1A3605.jpg
ただ、ジムニーの様な幅狭で背の高い車両は簡単に横倒しになります。この日は更に頭上に薪などの重量物を多数積んでいたため更に不安定。

誤って入ってしまった轍の大きな斜面を下る際、想定より頭が降られてかなり怖い思いをしました。

IMG_5192.jpg
初めてヒルディセントコントロールを使いましたが、急勾配の悪路を降りる際は確かに役立ちますね。

そして、路面状況確認のために窓を開けていたのですが、砂ぼこりで車内が大変な事になりました。

3F1A3633.jpg
立入日も各所で陸自の訓練が行わており、度々隊員や軍用車両に遭遇。

興味が有ったので遠くから覗いていたところ、カモフラージュをするために茅や草をヘルメットや衣類、車両に取り付けるような事を行っていました。

今の時代、どれだけ巧妙にカモフラージュを行っても、熱感知機能を備えたドローンで容易く見つけられてドカーン。

東洋経済の”自衛隊は日本をまもれるか”という特集記事を読みましたが、欧米、中国より自衛隊は相当時代遅れのレベルであり、米軍にぶら下がった平和ボケ隊である様です。

従来の訓練内容をずっと踏襲しており教範も全くバージョンアップ無し。他国の動向に無関心で装備品も恐ろしいほど脆弱らしいです。

一度現役の陸自の若者二人と飲みましたが、彼らは国を守るという意識など微塵も無く、衣食住が揃た自衛隊で3年我慢してお金を貯め、日通へ転職すると明言していました。これが現実です。

Comment

Add your comment