FC2ブログ

アウトランダーPHEVの積載能力

IMG_7214.jpg
MINIでは毎回毎回、本当に積載に苦労しました。

3ドアを僅か30cm伸ばした全長4mの小型乗用車をキャンプ用途にすること自体が間違いなのですが、隙間と言う隙間に荷物を入れて行くテトリス式積載でどうにか凌いできました。

それでも夫婦と小型犬のキャンプなのに、キャリアをフル活用しても都度何か持参する道具を諦めなけれならない状況でした。

IMG_0627.jpg
キャリア利用だと見た目が悪いだけでなく、積み下ろしや固定が面倒であり、風切音の増加や速度制限も加わるなどマイナス面ばかり。

ソロの時はキャリアを使用しない事にしていたのですが、そうすると助手席迄全空間をフル活用して漸く全ての道具が乗る状況。

また、往路は考えながら事前に荷物を積めるので良いのですが、復路では時間が限られている中で撤収を兼ねながらの積込みになるため多大なる時間が必要。

12月のソロキャンプでは撤収に3時間も掛かりましたから。

IMG_1989.jpg
そんな悪戦苦闘したMINIでのキャンプも今では笑い話であり、積載のプロを自称できるまでになれました。

そして幾らでも積込める新生アウトランダーは待望の相棒に思えたのですが、実際積んでみると早速問題がある事が分かりました。

IMG_1991.jpg
リアゲートがMINIほどでは無いにせよ斜めにカットされているため、この積み方だとゲートが閉まらず、しかも横方向も台形状に上方が狭くなっているため、デットスペースが予想より多大に生じます。

Pグレードは、更にウーハーが右側ホイールハウジング付近に格納されているため更に左右を圧迫。リアゲート自体も分厚くセンサーが優秀なので、ちょっとでも障害があると閉じてくれません。

そして使い勝手の良いフロア下収納は、7人乗りの3列目シートが格納されているので、MINIの様にチェアや細かな備品が一切収納できず。

もしかして、MINIと僅差の積載量じゃないのかと冷や汗。

IMG_1994.jpg
試行錯誤しながら、一軍アイテムを格納しているリスのケース2個と、アフリカ製ケース2個は定位置が確定しました。

この位置を基本としながら残った空間にテントやタープ、薪ストーブなどを収める事になりそうですが、何となくYETIクーラーボックスが収まらない気がします。

MINIでは10回以上キャンプに行き、かなり収納上手になりましたので、アウトランダーでも回を重ねる毎に腕を上げて行きたいと思います。

IMG_2001.jpg
2列目シートからの風景。

リスのケースを2段積んでもまだ高さに余裕あり。MINIだと2段積みすら不可でしたから、床下収納が無い分を高さでカバーする事が出来そうです。

リアシートの片側を倒して積んでも良いのですが、お犬様のために出来るだけリアシートは広々と確保してあげたいなと。

IMG_1387.jpg
大晦日キャンプで大人4人+犬1匹でこの状態。後方は完全に見えません(笑)

コテージ利用なのでテントやタープ無しでこれだったので、ルーフレール付けてて良かったと思いながらキャリアは追加購入しました。

高額だったTHULEのキャリアバスケットは、幸いにもMINIで使用していたものがそのまま転用出来るそうですが、ハイルーフなのでMINIの様に一人で脱着できるのかという新たな問題が浮上。

車が大きくなっても道具は厳選しておくべきかもしれません。

積載ついでにもう一点気付いた事が有ります。

恐らく私がキャンプで持参している道具の総重量は、収納4ケース、薪、クーラーボックス、テント、薪ストーブ等々で100~200kg程度(季節によって変動)。

MINIでは路面の凹凸や段差で道具がかなり跳ねていたのですが、アウトランダーは2t超過の低重心構造であるため、荷物が全くと言って良いほど揺れません。

ガシャガシャ鳴っていた道具が安定して運べる様になった事も、買い替えて良かったと思える理由の一つであると思われます。

Comment

Add your comment